極北の波涛「オホーツク焼」

窯元の歴史



陶芸家、塩入稔のプロフィール

陶芸家、塩入稔の経歴

家族の紹介

四国は香川県多度津の水田農家で生まれた父親と、 大日本帝国の領土だった台湾の台北市で生まれた母親が、 戦後、北海道の山奥に開拓農家として入植し、 苦労して育てた3人の息子達・・ 長男は釧路高専卒業後、地元の電力会社に就職。 次男は家業を継ぎ畑作から酪農に切り替えるも 自由化の嵐には抗し切れず、 赤字がかさみ、 離農の2文字がちらつく。 3男は陶芸家となり、 その道の歴史に残る芸術家になれるのか? 名を残さずとも作品が残れば良い。 作品が残るも売れ残りはちと困る。

家族 にしては誰か足りない?! 実はいまだ独身、 貴族か山賊か、 オホーツクに海賊はいなかったし、 「理想を高く」は陶芸だけにしてって 家族は思っているのだが・・・

2006.3.18 母親 亡



実家( 窯元の故郷 )

実家のビート畑(昔はこんなに樹は無かったんだけど!

実家の畑からは、 防風林の木が高くなり、 斜里岳も藻琴山も見えなくなり、 高い木の無い所から、 透きとおるような晴れた日には撮影できる、 らしい・・


例年の催し

T) 窯業の故郷、 江別やきもの市   は 7月の未だ寒い頃、 JR江別駅前から江別市コミュニティセンターまで、 全道からプロとアマ380人が煉瓦の町に繰り出すイヴェント

U) 放浪窯の栗沢獏、 北窓窯の吉田時彦、 文色窯の山岡将秋、 などの友情出展協力を得て 窯元の特設会場で窯元祭開催



(注)陶芸家、塩入稔本人は 自分は陶工である、という